病名

潰瘍性大腸炎(かいようせいだいちょうえん)

  • 概要

    潰瘍性大腸炎は大腸の壁がやけどのようにただれて炎症を起こす病気のことです。完全に治療することが難しく、しかも再発を繰り返すため特定疾患に指定されています。はっきりとした原因は不明ですが、自己免疫系の異常によって引き起こされているのではないかと推測されています。豚や牛といった肉類を多く食べる欧米での患者数が多く、食の欧米化が進んだ日本でも患者が急増していることから肉食との関連も指摘されています。病気を発症する年齢は20〜25歳くらいの若者に多く、男女による違いは特にありません。

  • 症状

    潰瘍性大腸炎の主な症状は大腸が炎症を起こすことによって生じる悪心、膨満感、腹痛、下痢、血便などです。症状が進むと眼や皮膚などに症状がでることもあります。これらは似た症状の起こる過敏性腸症候群や大腸癌といったほかの大腸疾患と区別する必要があります。

  • 治療方法

    潰瘍性大腸炎は症状が軽い場合は薬を使って内科的に治療することが選択されます。炎症を抑える効果のある薬を服用することで、腹痛などの症状も治まり、状態を改善することができます。ただ、完全に直すことはなかなか難しく、ほとんどの場合再発し、再度治療をすることになります。症状が重い場合はステロイドなどの強い効果のある薬を使ったり、血液内の炎症を起こす物質を除去する血球成分除去療法などが選択されます。さらに症状が重い場合には外科的に大腸をすべて切除する方法もとられることもあります。

  • まとめ

    潰瘍性大腸炎は特定疾患として難病指定されていますが、現在では命の危険性がある病名ではなく、薬を使って根気よく付き合っていけばそれほどおそろしい病気ではありません。ただ、症状の重い潰瘍性大腸炎にかかった人の場合、発症から10年以上経過した後での大腸癌の発生率が一般の人よりも高くなるので、きちんとした検診を定期的に受けることが重要となります。

  • 潰瘍性大腸炎に関する投稿

  • 投稿者:なるなる 平成28年1月10日

    ステロイド剤をやめて1年以上経っていますが、未だに手足の痺れと力が入らず
    歩く際や階段の上りに足が上がらない、しゃがむと立ち上がれない、(指も上手く動かない)
    同じ姿勢を30分続けると、かたまってしまいます。
    股関節、膝、などがギスギスした感じです。
    消化器内科の他「リウマチ科・整形外科・神経内科」など受診しても、原因が分かりません。
    先生により、ステロイド剤の副作用だと言う方と、一年以上経って影響がある訳がないと意見が分かれます。
    兎に角、日常生活が辛いのです。体質としては薬に対して過敏で、飲めない薬が多いです。
    原因と対処方法が知りたいのです。

  • 潰瘍性大腸炎に関する投稿フォーム

    潰瘍性大腸炎に関することについて、相談や質問等どんなことでも下記の投稿フォームから投稿することができます。投稿された内容についてはこちらで内容を確認させていただいた後にこちらのページに掲載させていただきます。
    ※投稿された内容が公序良俗に反するとこちらが判断させていただいた場合は掲載は控えさせていただくことがございますので予めご了承ください。



    お名前(ハンドルネーム)
    病名 潰瘍性大腸炎
    投稿内容

    ニュース

  • 潰瘍性大腸炎に期待の治療法 健常者の便を移植-日本経済新聞(H28.4.11)

    順天堂大学医学部消化器内科では、14年から20歳以上の潰瘍性大腸炎患者にFMTの臨床研究を実施している。「約40人が参加。治療結果が判明している約30人のうち、移植1カ月後にはおよそ4分の3の患者で症状改善がみられた。副作用やトラブルもなく、手応えを感じて・・・

  • 腸内細菌の大腸組織侵入を蛋白質「Lypd8」が抑制−AMED-QLifePro医療ニュース(H28.4.11)

    潰瘍性大腸炎などの炎症性腸疾患の原因の1つとして、腸管上皮によって主に形成される腸管粘膜バリアの破綻が考えられている。おびただしい数の腸内細菌が存在する大腸においては、粘膜バリアの1つである粘液層が厚く表面を覆っており、腸内細菌が容易に大腸組織に・・・

  • Vedolizumab、欧州クローン病・大腸炎会議で長期投与データを発表−武田-QLifePro医療ニュース(H28.4.11)

    武田薬品工業株式会社は3月22日、オランダ・アムステルダムで開催された2016年欧州クローン病・大腸炎会議(ECCO)年次総会において、約3年間にわたりvedolizumabの投与を受けた中等度から重度の活動期潰瘍性大腸炎患者における臨床的改善について検討・・・

  • 阪大、潰瘍性大腸炎の発症に関わる遺伝子発見-日本経済新聞(H28.4.11)

    大阪大の竹田潔教授らは、潰瘍性大腸炎の発症に関わる遺伝子を発見した。遺伝子が作るたんぱく質が腸内細菌の大腸組織への侵入を防ぎ、大腸炎の発症を抑えていることがわかった。根本的な治療法がない潰瘍性大腸炎の治療の足がかりになる。31日に英科学誌・・・

  • オリックスの安達、1軍復帰へ着々 潰瘍性大腸炎で離脱-朝日新聞(H28.4.11)

    潰瘍(かいよう)性大腸炎で離脱していたオリックスの正遊撃手・安達の1軍復帰が、近づいてきた。8日に行われた2軍の公式戦に、今季初めてフル出場。2安打を放ち、結果も残した。 一歩一歩、段階を踏んできた。今年2月10日に退院してから、まず優先したのは、体力の回復・・・

  • 大腸炎が活動期!「安倍総理」のお薬3錠 たかが3錠、されど3錠、その意味を解説-日刊アメーバニュース(H28.2.22)

    潰瘍性大腸炎の処方薬 「池田勇人元総理の喉頭癌は『前癌症状』というよく分からない説明がなされ、正式病名は亡くなるまで伏せられていた」(政治評論家の浅川博忠氏)し、フランスのミッテラン大統領の前立腺癌も約10年間、公になることはなかった。古今東西、指導者の・・・

  • ニンニク油、潰瘍性大腸炎の保護薬として有望か-CareNet.com (登録)(H28.2.22)

    ニンニク油(GO)は、ラットにおいてデキストラン硫酸ナトリウム(DSS)誘発性大腸炎を抑制し、その効果は抗酸化作用、抗炎症作用、免疫調節作用による可能性があることを、エジプト・タンタ大学のMohamed Balaha氏らが報告した。結果を踏まえて、著者らは、「GOが、潰瘍性・・・

  • 健康な人の便を移植、「潰瘍性大腸炎」の新治療法-日経ウーマンオンライン(H28.2.22)

    病気の人の腸に健康な人の便を移植する「便移植療法(FMT)」。潰瘍(かいよう)性大腸炎などの難病に対する新治療法として2014年から臨床研究が始まり、注目されている。 FMTでは、生きた腸内細菌の塊である便を患者の腸に直接移植する。治療法自体は以前からあった・・・

  • 安倍首相や若槻千夏も?モデル・高橋メアリージュンが乗り越えた「潰瘍性大腸炎」とは。-ガジェット通信(H28.2.22)

    先日、モデルの高橋メアリージュンさんが、「潰瘍性大腸炎」という大腸の炎症性疾患を患い、壮絶な闘病生活を送っていたことを公表しました。 過去には、安倍普三首相や若槻千夏さんもこの潰瘍性大腸炎になっていたようです。多くの著名人を苦しめた潰瘍性大腸炎とは、実は・・・

  • 潰瘍性大腸炎のオリ安達「ファンの声が力」 練習を再開-朝日新聞(H28.2.22)

    潰瘍(かいよう)性大腸炎で入院していたオリックスの安達が10日に退院し、15日から神戸市西区の球団施設「青濤館(せいとうかん)」でトレーニングを再開した。約20メートルのキャッチボール、軽めの素振りなどで体をならした。「全く動いてなかったので、ちょっと動いただけでも・・・

  • →もっとニュースを表示する

ページトップへもどる

© 2015 ragpos. All rights reserved.