病名

全身性エリテマトーデス(ぜんしんせいえりてまとーです)

  • 概要

    全身性エリテマトーデスは体の全体に様々な症状を引き起こす難病で膠原病の中のひとつに分類されます。英語ではSLE(Systemic Lupus Eryhtematosus)と表現されます。発症の頻度は女性に圧倒的に多く、男女の比率は1:9となっています。発症する年齢はおおむねどの年代にも見られます。病気の原因は具体的にはわかってはいませんが、なんらかの原因で自分の免疫が自分自身を攻撃してしまうと考えられています。

  • 症状

    全身性エリテマトーデスの症状は全身の関節や臓器の障害です。主なものとしては頬にできる赤い発疹です。発疹は蝶が羽を広げたような形をしていることから蝶型紅斑と呼ばれています。また、痛みを伴わない口内炎や、日光に対する過敏症、脱毛や皮膚のレイノー現象、さらに神経に障害をおこすことで、しびれや鈍痛、躁うつ病や分裂症などを起こすこともあります。また、半数の人におこる糸球体腎炎は予後を決定する上での重要な症状のひとつとされています。これらの症状は人それぞれで全ての症状が必ずおこるわけではなく、臓器に障害がでない軽症の人もいます。

  • 治療方法

    全身性エリテマトーデスの治療は炎症を起こす原因になっている免疫機能の改善が行われます。具体的には副腎皮質ステロイドや免疫抑制剤、血漿交換療法などをつかって免疫機能を抑えたり、除去する治療が行われます。また、全身に起こる個々の症状に対しても個別の治療が必要になります。そのため全身性エリテマトーデスでは様々な診療科にまたがって治療が行われます。治療は症状が軽いできるだけ早期から適切に行い,症状の悪化を軽減することが重要です。

  • まとめ

    全身性エリテマトーデスは適切な治療法のない時代では5年生存率が50パーセントという致死性の高い難病でしたが、現在では薬などの開発が進んだこともあり、5年生存率は95パーセントを越えるようになりました。病気自体を治癒させるのは現在でも難しいことですが、症状を抑えることでうまく病気とつきあっていくことが可能になっています。一般的に日焼けやストレスは症状を悪化させる原因と考えられているので、そういった原因をうまくとりのぞくようにして生活してゆくことが重要です。

  • 全身性エリテマトーデスに関する投稿フォーム

    全身性エリテマトーデスに関することについて、相談や質問等どんなことでも下記の投稿フォームから投稿することができます。投稿された内容についてはこちらで内容を確認させていただいた後にこちらのページに掲載させていただきます。
    ※投稿された内容が公序良俗に反するとこちらが判断させていただいた場合は掲載は控えさせていただくことがございますので予めご了承ください。



    お名前(ハンドルネーム)
    病名 全身性エリテマトーデス
    投稿内容

    ニュース

  • 全身性エリテマトーデスとは-読売新聞(H28.4.11)

    身内が全身性エリテマトーデスと診断されました。どのような病気なのでしょうか。今のところ肩に痛みがあり、疲れやすいそうです。他にどのような症状が出るのでしょうか。治療法や日常生活での注意点も教えてください。(64歳女性)・・・

  • 若い女性に多い難病「全身性エリテマトーデス」、出産に対する影響は?-MEDLEY(メドレー) (登録)(H28.2.22)

    全身性エリテマトーデス(SLE)は、20代から40代の女性に多く、全身の炎症による症状が軽くなったり重くなったりしながら長く続きます。妊娠・出産には悪い影響があると考えられています。SLEがあって妊娠していた人について、特に早産などの悪い結果に結びつきやすい特徴を・・・

  • うつ・不安症状が見逃されている?全身性エリテマトーデス/混合性結合組織病、1型糖尿病-MEDLEY(メドレー)(H28.2.22)

    写真はイメージです。本文の内容とは関係ありません。 (C) pathdoc - Fotolia.com. 全身性エリテマトーデス/混合性結合組織病(SLE/MCTD)は、免疫の異常によりさまざまな臓器にダメージを与えます。症状は人によって大きく違います。アメリカの研究班が、うつ症状などの頻度・・・

  • 酒井若菜さん「膠原病」闘病明かす…膠原病ってどういう病気?-ガジェット通信(H28.2.22)

    全身性エリテマトーデス、関節リウマチ、シューグレン症候群などが含まれます。 症状は、膠原病と言われる疾患の、どれを発症したかによって異なります。 全身症状としては発熱の他、リンパ節の腫れが見られたり、体重が減少したりします。 また、関節痛もいろいろな膠原病の・・・

  • 未承認薬ヒドロキシクロロキンが国内承認されるまで-週刊医学界新聞(H28.1.19)

    日本ではこの薬なしで,どう全身性エリテマトーデス(SLE)の治療をしているのか」。2015年11月,米国リウマチ学会の会場で,3時間にわたり同じ質問を何度も受けながら,米国でリウマチ膠原病フェローとなった8年前に同じ疑問を抱いていた自分を思い出していた。 ヒドロキシ・・・

  • 発熱と同時に関節痛……! これって重病なの?-GIRL'STALK(H27.11.30)

    膠原病の中で発熱と多関節痛が起こる代表的な疾患は、「慢性関節リウマチ」と「全身性エリテマトーデス」です。 代表的な病気その1:慢性関節リウマチ 慢性関節リウマチは中年以降の女性に多く見られ、朝の手のこわばりや関節の腫れと痛みが主な症状です。手首や手指の・・・

  • 京大など、「全身性エリテマトーデス」の原因遺伝子の1つを発見-マイナビニュース(H27.11.17)

    京都大学は2月7日、理化学研究所(理研)との共同研究により、自己免疫疾患「全身性エリテマトーデス(SLE)」の原因遺伝子の1つを発見したと発表した。 成果は、京大 ウイルス研究所の藤田尚志教授、同・加藤博己准教授、理研 バイオリソースセンター 疾患も出る評価研究・・・

  • 「松来未祐、君はとても素敵です。ずっと大好きです」 声優・後藤邑子が明かした“投薬・治療さえも笑いに変えた日々”-おたぽる (プレスリリース) (ブログ)(H27.11.10)

    しかし2012年、そんな後藤は「全身の臓器に原因不明の炎症が起こる全身性エリテマトーデス」と診断され、無期限休養を発表。同年10月に、松来さんとの共演作品『ひだまりスケッチ×ハニカム』で仕事復帰を果たすも、今現在、あくまで様子を見ながら仕事を続けている状態で・・・

  • セレーナ・ゴメス、“幽霊アプリ”にハマる「ゴーストの存在を信じてる」。-BIGLOBEニュース(H27.11.9)

    ニューアルバム『Revival』のプロモーションをかね、現在様々なメディアに登場しているセレーナ・ゴメス(23)。そのセレーナの口から、あまりにも意外な事実が明かされた。 「ループス(全身性エリテマトーデス)と診断され、化学療法を受けた」「完治はしない」という告白でファンを・・・

  • 【イタすぎるセレブ達】セレーナ・ゴメス、難病治療で「化学療法を受けた」と告白。-Techinsight japan(H27.11.9)

    ループス(全身性エリテマトーデス)と診断され、化学療法を受けたの。休んでいたのはそのせいよ。」 しかし当時、全米メディアは「セレーナは依存症なのではないか」との憶測を報道。連日のようにタブロイド紙がセレーナのネタを取り上げるほど報道が過熱したが、それを振り返り・・・

  • →もっとニュースを表示する

ページトップへもどる

© 2015 ragpos. All rights reserved.