医療用語

PUVA療法(ぷーばりょうほう)

  • 概要

    PUVA療法は紫外線を利用した治療のことで、アトピー性の皮膚炎や難治性の湿疹などに対しておこなわれます。この療法は通常皮膚に光に対する感受性を高めるソラレンと呼ばれる薬を内服、または皮膚に直接塗って、紫外線の中でも波長の長いUVA(紫外線A波)というのを照射します。紫外線によって皮膚炎の原因となっている免疫異常を低下させる効果があるとされています。しかし、もともと免疫の低下している人に対して行った場合には皮膚癌になるリスクが高まるという報告があり、治療にあたっては専門医の正確な指示のもとでおこなわれる必要があります。

ページトップへもどる

© 2015 ragpos. All rights reserved.