病名

肛門周囲膿瘍(こうもんしゅういのうよう)

  • 概要

    肛門周囲膿瘍は肛門内部にある歯状線とよばれるところの小さなくぼみに雑菌が入り込み化膿した状態のことをいいます。座って仕事をする人がかかりやすいほかの痔の疾患と違って,肛門周囲膿瘍になるかどうかはほとんどの場合に運に左右されます。ただ、一応かかりやすい人というのはあって、下痢気味の人や免疫機能が低下している人はかかりやすいとされています。

  • 症状

    肛門周囲膿瘍は体の内部に膿がたまってしまうので、肛門の周囲がひどく痛みます。さらには発熱、全身倦怠感などの症状も起こる場合があります。

  • 治療方法

    肛門周囲膿瘍は薬などで治すことはできませんが、膿のたまった部分をメスで切開して膿を外に出してしまえばとりあえずの症状は直すことができます

  • まとめ

    肛門周囲膿瘍は痛みがあるのでほとんどの人がすぐに以上に気づいて医療機関を受診されるでしょうから大事に至ることはほとんどないようです。しかし、ほとんどの場合、膿ができていた穴の部分が深くなって痔瘻へと発展してしまいます。痔瘻は手術をしなければ治りませんので、肛門周囲膿瘍で処置をされた人は痔瘻の対策まで医師に相談するのが良いかと思います。

  • 肛門周囲膿瘍に関する投稿フォーム

    肛門周囲膿瘍に関することについて、相談や質問等どんなことでも下記の投稿フォームから投稿することができます。投稿された内容についてはこちらで内容を確認させていただいた後にこちらのページに掲載させていただきます。
    ※投稿された内容が公序良俗に反するとこちらが判断させていただいた場合は掲載は控えさせていただくことがございますので予めご了承ください。



    お名前(ハンドルネーム)
    病名 肛門周囲膿瘍
    投稿内容

    ニュース

  • 痔の種類(3):痔ろう(あな痔)の原因と症状-GIRL'STALK(H28.2.22)

    痔ろう」とは、肛門腺などが大腸菌などの細菌に感染し化膿して膿が溜まり(肛門周囲膿瘍)、状態が進行すると溜まった膿が出て、直腸と肛門周囲の皮膚をつなぐトンネルができる痔のことです。膿が出てしまえば楽になりますが、膿のトンネルができているため、細菌が侵入し・・・

  • 3人にひとりは“痔主” 女性の痔の原因の多くは便秘が関係-NEWSポストセブン(H27.11.9)

    そのほか、痒みがつらい皮膚炎や、まれに『肛門周囲膿瘍』という膿がたまる病気のことも」 そして、松村さんはこう続ける。 「女性の痔の原因の多くは、“便秘”が関係しています。とくに女性は、排卵後〜月経前に分泌される黄体ホルモンによって自律神経のバランスが変化し、便秘・・・

  • 井手ゆきえ [医学ライター],-週刊ダイヤモンド編集部--ダイアモンド・オンライン (登録)(H27.11.9)

    急な発熱とともに肛門周囲の腫れ、激しい痛みが発生した場合は肛門周囲膿瘍が疑われる。肛門の内側にある肛門腺に腸内細菌が侵入して炎症を起こすもの。膿瘍を切開して膿を出せば痛みと腫れは引くが、肛門内の感染源となる入り口が残っている限り炎症を繰り返す。・・・

  • 肛門周囲に穴が開く病気の原因は ふくいのドクター相談室-福井新聞(H27.11.9)

    24歳の息子が昨年、排便時に出血しました。皮膚科を受診し、肛門から背中側に5センチほど上がったところに縦長の穴が開いていて、そこから出血していると言われました。今年春ごろまで薬を塗っていましたが、ほんの小さな穴で、ただれている様子もありませんでした。息子は・・・

  • 毎日のクリニック:痔があり肛門から水分出る-毎日新聞(H27.11.9)

    体力が弱っている時などに、歯状線から細菌が入って化膿(かのう)すると膿(うみ)がたまった袋「肛門周囲膿瘍(のうよう)」ができ、高熱、激しい痛み、腫れの症状が出ます。抗生物質で治らない場合は、切開して膿を出します。しかし、化膿が続いて膿の管ができ、切開した肛門・・・

  • 肛門周囲膿瘍-徳島新聞(H27.11.9)

    再発予防としては、適切な排便習慣を身につけることが大切です。特に、下痢は肛門周囲膿瘍の原因となる細菌の侵入を来しやすくします。そのため、アルコールの過剰摂取や暴食を避け、今の季節はお尻を冷やさないようにし、シャワーで済まさず湯船で温めるとよいと思います。・・・

  • 肛門周囲膿瘍(こうもんしゅういのうよう)は赤ちゃんがかかりやすい!治療法は? 用語解説-http://mamari.jp (登録)(H27.11.9)

    肛門周囲膿瘍って知っていますか?肛門周囲膿瘍は赤ちゃんがかかりやすい病気で生後1ヶ月〜1歳までの赤ちゃんにとてもよく見られる病気です。1度肛門周囲膿瘍にかかってしまうと1歳ころまではかかる可能性もあがってしまい、通院も必要になってしまいます。肛門周囲膿瘍・・・

ページトップへもどる

© 2015 ragpos. All rights reserved.