病名

パージェット病(ぱーじぇっとびょう)

  • 概要

    パジーェット病(ページョット病、パジェット病)は皮膚にできる癌のひとつで、発見者の名前(Paget)パジーェット病と呼ばれてます。乳首や乳輪などの乳房に良くみられますが、乳房以外の場所にできるものもあります(主に外陰部)。そのため、乳房にできるものを乳房パージェット病、それ以外の場所にできるものを乳房外パージェット病と呼んでいます。乳房パジェット病は乳癌として扱われ主に乳腺外科で治療されます。乳房外パージェット病は皮膚癌として扱われ主に皮膚科にて治療がされます。乳房パージェット病は主に40〜60歳くらいの女性にみられる癌で、男性にはほとんど見られません。一方、乳房外パージェット病は60歳以上の人に多く、男性が女性の2〜3倍かかりやすい疾患になっています。

  • 症状

    パージェット病は患部の皮膚が赤くジクジクとしてかゆみや熱を伴います。皮膚に炎症を起こした時に良く似た初期症状なのでしばしば湿疹などと間違って診断され治療されることがあります。

  • 治療方法

    パージェット病の治療は手術による切除が基本になります。パジェット病は目に見える病変よりも外部に病変が散らばっている場合が多いので、目に見える病変から2〜5センチほど離して広範囲を深く切除します。そのため切除した個所に皮膚を移植する手術も行われます。病変組織の内部癌の組織が内部に浸潤してない場合には予後は良好で手術によって治癒させることが可能です。手術が不可能な場合には放射線による治療や液体窒素による凍結療法が行われます。

  • まとめ

    パージェット病は一般的な皮膚疾患と間違って診断されやすいので注意が必要です。皮膚の湿疹のようなものが薬でなおらずに広がってゆく場合には皮膚の生検によって診断を確定させることが重要です。ほかの癌と同じように早期に発見できれば治癒が望めますので、外陰部などにできた湿疹がなかなか治らない場合には迷わず皮膚科を受診するようにしてください。

  • パージェット病に関する投稿

  • 投稿者:りゅー 平成28年10月31日

    乳首周りが痒いです。小学生の頃から出始めて、今17歳です。毎年夏は汗で蒸れた時、冬が近づくと乾燥と共に痒くなって、湿疹みたいになります。かきすぎて皮が剥けて炎症してしまいます。ステロイドを塗ったりしますが塗らなくなるとまた再発します。心配になって検索してみたらこのページに行き着きました。10代でもパージェット病を気にかけたほうがいいですか?

  • 投稿者:ハチスケ 平成28年11月2日

    りゅーさんこんにちは。私は専門家ではないのですが、パージェット病が癌の一種であることを考えると、一般的に言って癌は年齢が上がるほど疾患の確率が上がるものなので、よほどのことがないかぎり10代で癌にかかることはまれです。小学生から同じような症状に悩まされているとのことなので、ほぼこの病気とは違うものかと思われます。ただ、100%違うとは断言はできませんし、現在も同じような症状に悩まされているとのことですので、その治療を含めて1度お医者さんで心配事を相談されるのが良いかと思います。その際、パージェット病とは違う病気ですよねということをきちんと言葉にして確認されるのが良いかと思います。

  • パージェット病に関する投稿フォーム

    パージェット病に関することについて、相談や質問等どんなことでも下記の投稿フォームから投稿することができます。投稿された内容についてはこちらで内容を確認させていただいた後にこちらのページに掲載させていただきます。
    ※投稿された内容が公序良俗に反するとこちらが判断させていただいた場合は掲載は控えさせていただくことがございますので予めご了承ください。



    お名前(ハンドルネーム)
    病名 パージェット病
    投稿内容

    ニュース

  • 外陰パジェット病とはどんな病気?-日刊アメーバニュース(H28.1.19)

    乳房パジェット病という病気もあります。これは、乳頭に近い乳管上皮から発生して、皮膚にまで入り込んで広がったものです。乳房以外にできるパジェット病を、乳房外パジェット病といいます。したがって、外陰(性器の外側の部分です)パジェット病とは、この乳房外パジェット病の・・・

  • ベートーベンの耳はなぜ聞こえなくなったのか?-MEDLEY(メドレー)(H27.11.15)

    ベートーベンの解剖の記録によると、頭蓋骨の厚さは正常の2倍ほどであり、耳から音の信号を脳に伝える聴神経は、変形した骨に圧迫されて萎縮していました。また、腎臓にカルシウムがたまってできる石灰化が見られました。この論文の著者らは、骨パジェット病により骨が変形・・・

  • 骨パジェット病に新指針 【米国内分泌学会】-m3.com (登録)(H27.11.9)

    同ガイドラインでは、活動性の骨パジェット病で将来の合併症発症リスクがある患者の治療薬として、ビスフォスフォネート製剤を推奨。腎機能低下などの理由がない限り、第一選択薬としてゾレドロネート単回静注を提案している。その理由として、「ゾレドロネート単回静注は、・・・

  • 乳房外パジェット病-岐阜新聞(H27.11.9)

    皮膚がんの中には、初期には湿疹と区別がつきにくいがんがあります。今回はその中の代表格である、乳房外パジェット病(乳房外ページェット病と呼ばれることもあります)についてお話しします。 ちょっと名前が変わっていますね。「パジェット」というのは、この病気を最初に報告・・・

  • 左右で胸の形が違う人は35%も!胸についての意外な5つの事実-インフォシーク(H27.11.9)

    また、発生率はそれほど多くありませんが、乳頭や乳輪部の皮ふにできるがんの一種「パジェット病」、乳頭周辺に赤みやただれが起こる「炎症性乳がん」などもあります。 このほか、細胞の成熟度によって「乳頭腺管がん」「充実腺管がん」「硬がん」などと呼ばれるがんも存在します・・・

  • RNA結合タンパク質遺伝子の変異が封入体ミオパチーの原因に−東北大-QLifePro医療ニュース(H27.11.9)

    多系統タンパク質症は、筋萎縮性側索硬化症(ALS)、前頭側頭型認知症、封入体ミオパチー、あるいは骨パジェット病といった異なる疾患を組み合わせた形で発症する遺伝性疾患。同じ家系内であっても患者ごとに発症する疾患の組み合わせが異なる場合がある点が特徴され、・・・

ページトップへもどる

© 2015 ragpos. All rights reserved.