病名

クローン病(くろーんびょう)

  • 概要

    クローン病は消化器系全般に炎症や潰瘍を生じる疾患のことです。原因が不明で再発を繰り返すため、特定疾患の公費対象に指定されています。発症する年齢は若年層に多く、女性の2倍くらい男性の患者さんがなりやすい病気です。日本での患者数は2万5千人前後ですが、年々発症する人が増えています。その背景には食生活が欧米化して肉食を中心とした食事になってきていることが原因と考えられています。実際欧米では10万人あたりの患者数は日本の10倍ほどになっています。以上のことは潰瘍性大腸炎とよく似ていますが、大腸だけに炎症や潰瘍ができる潰瘍性大腸炎とは違い、クローン病では消化器全般に炎症や潰瘍が見られます。またクローン病の方が潰瘍性大腸炎よりも重症である場合が多くなります。

  • 症状

    クローン病の主な症状は大腸や小腸が炎症を起こすことによって生じる腹痛と下痢です。さらには腸から出血することによる下血や貧血。大腸が炎症することで栄養分がきちんと吸収されないことから生じる体重減少などもよくみられます。病状が進んでいくと腸以外にも関節炎や虹彩炎、肛門周囲膿瘍などを併発するなど多彩な症状がみられます。

  • 治療方法

    クローン病は原因がはっきりとわかっていないため、根本的な治療法というのは確立されていません。しかし、炎症を抑える薬や、病状を悪化させる食事を抑えるなどの方法で病状を最小限に抑えることは可能です。具体的には炎症や潰瘍を起こしていると思われる免疫作用を抑える免疫抑制剤を服用したり、肉類などの摂取を控えるなどです。ただ、病状が悪化した場合では外科的に該当個所を切除するなどの処置が行われることもあります。

  • まとめ

    クローン病は再発を繰り返す病気なので、できる限り内科的に薬などを使って症状を最小限に抑える方法がとられます。以前は栄養状態の悪化などで死亡される人もいましたが、栄養管理がきちんと確率した現在においては、クローン病だけが原因となって死亡される患者さんはほとんどいなくなっています。ただ、頻繁に炎症を起こすことによってほかの様々な病気を引き起こすので全身状態の管理が常に重要となります。

  • クローン病に関する投稿フォーム

    クローン病に関することについて、相談や質問等どんなことでも下記の投稿フォームから投稿することができます。投稿された内容についてはこちらで内容を確認させていただいた後にこちらのページに掲載させていただきます。
    ※投稿された内容が公序良俗に反するとこちらが判断させていただいた場合は掲載は控えさせていただくことがございますので予めご了承ください。



    お名前(ハンドルネーム)
    病名 クローン病
    投稿内容

    ニュース

  • クローン病の術後治療に抗TNFα抗体が有用-Medical Tribune (登録)(H28.4.11)

    クローン病(CD)における腸管傷害は外科手術を要し,術後は内科・外科連携の下,速やかに維持療法に移行することが重要である。近年,術後維持治療に生物学的製剤(Bio)である抗TNFα抗体の有用性を示す複数の研究が報告されているが,国内外のガイドライン(GL)では・・・

  • 腹痛や下痢を改善する?クローン病の食事療法について解説-MEDLEY(メドレー)(H28.4.11)

    クローン病(CD)は、大腸や小腸に潰瘍ができる病気です。原因ははっきりとはわかっていませんが、食事や腸内の細菌を異物と捉え、過剰に反応することで起こるのではないかと考えられています。クローン病が腸の病気であるという認識は近年高まってきており、そのため「食事・・・

  • 腸内フローラについて正しく理解しよう-オーヴォ(H28.2.22)

    最新の遺伝子解析技術によって個人の腸内フローラの構成比率が簡単にわかるようになり、様々な病気と腸内フローラとの関係が明らかになってきました。クローン病や潰瘍性大腸炎を代表とする炎症性腸疾患、肥満症、自閉症などです。しかし腸内フローラを形成する最も大きな・・・

  • 「こんな病院ありえない!」長瀬智也主演ドラマの安易な演出に視聴者が唖然-アサ芸プラス(H28.2.22)

    この日の内容は、腸の内視鏡検査でクローン病を疑う臨床医と岸が対立するというもの。なかなか診断を下さない岸に対し、臨床医は3回も内視鏡検査を繰り返す。 この番組を視聴していたネット民からは「大腸内視鏡検査やったことありますが、あれを3回も短期間でやるとかイヤ・・・

  • 下痢が続く難病「クローン病」、食物繊維は本当に有害か?-MEDLEY(メドレー)(H28.2.22)

    クローン病の治療は難しく、炎症を抑える薬などが使われますが、長期間にわたって再燃を繰り返したり、手術が必要になることが多いです。 クローン病の治療中は、食物繊維が多い食事は腸を刺激するので避けるべきという説があります。この研究は、実際に食物繊維を制限した・・・

  • 胃腸に激しい炎症、クローン病にウステキヌマブ注射が効果あり-MEDLEY(メドレー)(H28.1.19)

    良く使われる薬(TNF阻害薬)で治療されたにもかかわらず、十分に改善が得られなかったクローン病患者で、最低1回のウステキヌマブの注射を受けた122人が対象となりました。 研究班は、ウステキヌマブがこれらの患者にどの程度の効果があるかを調べるため、最低3カ月間・・・

  • 難治性クローン病への造血幹細胞移植、効果認められず/JAMA-CareNet.com (登録)(H28.1.19)

    難治性クローン病患者に対する自家造血幹細胞移植(HSCT)は通常療法と比較して、1年時点の寛解維持でみた有効性について統計的有意差は認められず、むしろ顕著な毒性との関連が示されたことを、英国・ノッティンガム大学クイーンズメディカルセンターのChristopher J.・・・

  • 潰瘍性大腸炎、背景に「マイクロRNA」-Medエッジ(H27.11.30)

    病気としては、潰瘍性大腸炎、クローン病、過敏性腸症候群、散発性大腸がん(遺伝性ではない大腸がん)、腸炎関連性大腸がん。約400の標本を健康な標本と比較した。 最先端のコンピュータープログラムとロボット技術を駆使して臨床データを分析。潰瘍性大腸炎/大腸がんの・・・

  • 腸の難病 治療拠点開設 2015年11月28日-読売新聞(H27.11.30)

    島根大医学部付属病院は27日、原因不明の消化器の病気「潰瘍性大腸炎」と「クローン病」の患者をチーム医療でケアする「IBD(炎症性腸疾患)センター」を12月に開設すると発表した。IBDは安倍首相がかかったことでも知られ、県内でも患者が急増していることから、複数の・・・

  • クローン病について学ぶ-新潟日報(H27.11.30)

    腸など消化管の粘膜に慢性的な炎症や潰瘍が生じる特定疾患の「クローン病」についてのセミナーが29日午後1時から、新潟市西区の済生会新潟第二病院で開かれる。 クローン病などの炎症性腸疾患の全国的な患者会で代表を務めた市川保宏さんが講演。診断されてから・・・

  • →もっとニュースを表示する

ページトップへもどる

© 2015 ragpos. All rights reserved.