病名

インフルエンザ(いんふるえんざ)

  • 概要

    インフルエンザとはインフルエンザウイルスにより引き起こされる疾患のことです。冬から春先にかけて流行し、症状は風邪に似ていますが症状が重く、肺炎やインフルエンザ脳症などの合併症を引き起こすこともあります。これらの合併症の危険性が高い高齢者や小児は特に注意が必要です。
    インフルエンザは定期的に世界的な流行がおこりしばしば人類の脅威となってきた歴史があります。主なものでは1918年に流行したスペインかぜがあります。その死亡者数は全世界で2,000万〜4,000万人、日本においても約38万人の人々が犠牲になったと言われています。現在でも非常に毒性の強い鳥インフルエンザが危険性の高いインフルエンザとしてその動向が注視されています。

  • インフルエンザに関する投稿フォーム

    インフルエンザに関することについて、相談や質問等どんなことでも下記の投稿フォームから投稿することができます。投稿された内容についてはこちらで内容を確認させていただいた後にこちらのページに掲載させていただきます。
    ※投稿された内容が公序良俗に反するとこちらが判断させていただいた場合は掲載は控えさせていただくことがございますので予めご了承ください。



    お名前(ハンドルネーム)
    病名 インフルエンザ
    投稿内容

    ニュース

  • 検査をせずにインフルエンザと診断することもあります-asahi.com(H28.4.11)

    インフルエンザ迅速検査とは、綿棒のようなものを鼻の奥に突っ込んで鼻水を採取して、インフルエンザウイルスがいるかどうかを調べる検査です。迅速というだけあって10分以内で結果が出ます。針を刺すわけでもなければ、特別な設備が必要なわけでもない、簡便で優れた・・・

  • インフルエンザで熱が下がった後「出社できるタイミング」は?-ITmedia ヘルスケア(H28.4.11)

    もしインフルエンザにかかったら、いつから出社していいのかご存じですか? 出社のタイミングは正しい知識がないと迷ってしまいますよね。自分では治ったと思っていても、実際はまだウイルスが体内に残っていることもあります。 インフルエンザ感染後、出社可能となるタイミング・・・

  • コエンザイムQ10(2)インフルエンザにも予防効果-産経ニュース(H28.2.22)

    リンゴを2つに切っておいておくと、切断面がたちまち赤黒く変色する。これは酸素に触れることで起きる酸化作用だが、実は人間の体も加齢とともに同じ現象が多発する。原因は活性酸素。呼吸で取り込まれる酸素は細胞内のミトコンドリアでのエネルギー生成に欠かせないが、一・・・

  • インフルエンザの重症化リスク高い妊娠女性、タミフルで入院期間を短縮-QLifePro医療ニュース(H28.2.22)

    妊娠中の女性がインフルエンザにかかった場合、抗ウイルス薬タミフル(一般名:オセルタミビル)を用いて早期に治療することによって、特に重症患者の入院期間を短縮できることが、新たな研究で示された。著者らによると、妊娠女性はインフルエンザの重症化、合併症、死亡の・・・

  • インフルエンザ患者 過去10年で2番目に多い-NHK(H28.2.22)

    今月14日までの1週間に全国の医療機関を受診したインフルエンザの患者は、1医療機関当たり39.97人で過去10年間で2番目に高い値となったことが国立感染症研究所の調査で分かりました。専門家は「流行はピークを迎えた可能性があるが、今後も患者の多い状態が続く・・・

  • 受験日当日に「風邪・インフルエンザ」を避けたいと考える人は8割以上-マイナビニュース(H28.1.19)

    まず、受験当日に避けたいものを聞いたところ、85.2%が「腹痛」、ほぼ同率の84.2%が「風邪・インフルエンザ」と回答した。次に、受験シーズン中に風邪・インフルエンザ対策として行ったほうが良いと思うことと、実際に行ったことを質問。その結果「うがい」に関しては、行った・・・

  • パナソニック、次亜塩素酸でインフルエンザウイルスを99%以上抑制する空間清浄技術-家電 Watch(H28.1.19)

    次亜塩素酸による空間清浄技術は、インフルエンザウイルスやノロウイルスの抑制に効果があることが実証されている。検証は、パナソニック エコシステムズと北里環境科学センターにより、約25立方m(約6畳)の空間で、検証装置から次亜塩素酸を発生させて行なわれた。・・・

  • インフルエンザ流行入り 暖冬の影響か例年より遅い流行-エイジングスタイル(H28.1.19)

    厚生労働省は2016年1月15日、2016年第1週(1月4日〜10日)のインフルエンザの定点あたり報告数が、流行の目安である1を上回り、2.02となったころから、流行シーズン入りしたと発表した。 年が変わってからの流行入りは、2007〜2008年以来の遅い流行で、暖冬の影響と・・・

  • 医療の疑問にやさしく答える 変わるインフルエンザ治療/上 /福岡-毎日新聞(H28.1.19)

    小野村さん インフルエンザ治療薬には経口薬のタミフル(一般名オセルタミビル)▽吸入薬のリレンザ(同ザナミビル)、イナビル(同ラニナミビル)▽点滴薬のラピアクタ(同ペラミビル)??があります。点滴が適用されるのは、高齢者など経口や吸入ができない場合に限られます。・・・

  • インフルエンザで出勤停止になった同僚に思うこと「移されたくない」-livedoor(H27.11.30)

    しんどくないかな?』とか」(27歳/商社・卸/秘書・アシスタント職). インフルエンザの型によっては発症すると、長期間続く高熱に、咳やのどの痛み、全身の倦怠感など、さまざまな症状が現れます。このつらさはかかった本人しかわからないので、さらにかわいそうですよね。・・・

  • →もっとニュースを表示する

ページトップへもどる

© 2015 ragpos. All rights reserved.