病名

心不全(しんふぜん)

  • 概要

    心不全はなんらかの原因によって本来果たすべき機能を果たせなくなってしまうことを言います。心不全になる原因には肺高血圧症のような難病から、高血圧のような普段聞きなれたなにげない症状まで様々です。基本的には体の機能が衰えるお年よりに多い疾患であり、若い人がかかる場合はほとんどの場合原因となる病気が存在します。現在日本では170万人にも上るほど多くの方がこの心不全にかかっていると推計されています。

  • 症状

    心不全の主な症状は全身に血が行き渡りずらくなることによって、体が疲れやすかったり、すぐに息が切れたりします。また、手足がむくんだりすると言った症状もでます。また、肺への血流が滞った場合には呼吸困難、胸部に水が貯まるなどの症状がでます。この場合しばしば横になっているよりも座った姿勢の方が楽なことが多くなります。

  • 治療方法

    心不全は急に症状が出た場合の急性心不全の場合には原因を治療することで、完全に直すことが可能な疾患ですが、長い間心不全の症状が出ている慢性心不全の場合には完全に病気を治すことは困難になります。そのため、できる限り症状が悪化しないように治療が行われます。治療はまず生活習慣の見直しから始まります。食事の塩分コントロール、禁煙、毎日の運動量の調節、体重の減量などが行われます。さらに、症状を悪化させないように薬を使って心不全の症状が悪化しないようにしたり、心臓の働きを強めるなどの治療が行われます。 治療は場合によっては外科的に手術をして原因になっている症状を治療したり、心臓そのものを治療したりします。進行した重症の心不全に対しては心臓移植以外の治療法がない場合もあります。

  • まとめ

    心不全は基本的に治癒することが難しい病気なので、まずはできるかぎり心不全にならないように毎日の生活を見直すことが重要です。特に年齢が高い人は塩分を控えたり、散歩などで適度に運動をするなどの予防策をとるようにこころがけたいところです。若い人の場合には生活習慣病にならないようにすることが将来の心不全の予防になります。 心不全になってしまった場合にはとにかく症状を悪化させないようにすることが重要です。基本的には医師の指示の元での薬の服用や、それまでの生活の見直しが患者さんの状態に合わせて行われます。病気の進行度にもよりますが、適切な治療が行われれば上手に病気と付き合っていくことが可能です。

  • 心不全に関する投稿フォーム

    心不全に関することについて、相談や質問等どんなことでも下記の投稿フォームから投稿することができます。投稿された内容についてはこちらで内容を確認させていただいた後にこちらのページに掲載させていただきます。
    ※投稿された内容が公序良俗に反するとこちらが判断させていただいた場合は掲載は控えさせていただくことがございますので予めご了承ください。



    お名前(ハンドルネーム)
    病名 心不全
    投稿内容

    ニュース

  • 脳梗塞や心不全をもたらす危険な不整脈、画期的治療法が保険適用…一気に利用しやすく-Business Journal (風刺記事) (プレスリリース)(H28.4.11)

    心房細動を放置しておくと脳梗塞や心不全に結びついてしまうだけに、恐れられている疾患です。 治療は「薬物療法」と「非薬物療法」。非薬物療法の基本的治療としては「カテーテルアブレーション(心筋焼灼術)」が行われています。これは脚の付け根の大腿静脈から電極・・・

  • 震災後の心不全患者の特徴は?-Medical Tribune (登録)(H28.4.11)

    義久氏 東日本大震災後の心不全患者にはどのような特徴が見られたのだろうか。福島県立医科大学心臓病先進治療学講座特任教授の義久精臣氏は,津波や福島第一原発の事故による被害が大きかった福島県における非代償性心不全患者が高齢や血圧高値などの特徴を・・・

  • 震災PTSDが慢性心不全の予後に悪影響-Medical Tribune (登録)(H28.4.11)

    青木氏 東日本大震災とその後の心血管イベントの関連については,徐々に明らかとなってきており,新たな知見が得られている。東北大学大学院循環器内科学助教の青木竜男氏は,第80回日本循環器学会学術集会のプレナリーセッション3「東日本大震災復興5周年−我々は・・・

  • 収縮能が保たれた心不全(HFpEP)には生活習慣への介入が有効(解説:佐田 政隆 氏)−474-CareNet.com (登録)(H28.2.22)

    高齢肥満の左室駆出率保持心不全患者、食事・運動への介入効果/JAMA(2016/01/19掲載). 心不全症状が認められるものの、左室収縮能が保持された心不全(HFpEF)が、循環器診療において、現在非常に問題になっている。HFpEFは、心不全患者の約半数を占め、その・・・

  • JACC Heart Fail誌から 心不全外来での利尿薬静注療法で入院患者が減少 医師・薬剤師・看護師の多職種チームで重症化予防-nikkei BPnet(H28.2.22)

    慢性心不全患者の体液貯留のコントロールを目的として、多職種からなる心不全外来にて利尿薬の静脈内投与を実施し、尿量、体重減少、30日間の入院率などを評価したところ、経口利尿薬の維持量や駆出率に関わらず、良好な結果が得られた。標準化アルゴリズムを用いた・・・

  • 心不全への遺伝子治療、AAV1/SERCA2aは予後を改善するか/Lancet-CareNet.com (登録)(H28.2.22)

    アデノ随伴ウイルス1(AAV1)をベクターとして筋小胞体/小胞体Ca <sup>2+</sup>-ATPase(SERCA2a)を導入する遺伝子治療(AAV1/SERCA2a)は、試験用量では心不全患者の予後を改善しないことが、米国・カリフォルニア大学サンディエゴ校のBarry Greenberg氏らが行ったCUPID 2・・・

  • 慢性心不全を一次予防する生活指導とは-nikkei BPnet(H28.1.19)

    心不全発症の一次予防はリスクの段階で介入が必要です。我が国では心血管イベントの予防といえば、血圧管理などの内服管理が中心に述べられることが多いのですが、欧米では心血管イベントを抑制するライフスタイルという記事があり、食事介入の重要性や運動、禁煙の・・・

  • 高齢肥満の左室駆出率保持心不全患者、食事・運動への介入効果/JAMA-CareNet.com (登録)(H28.1.19)

    高齢肥満の左室駆出率保持心不全患者、食事・運動へ. 臨床的に安定している左室駆出率保持心不全(HFPEF)の高齢肥満患者に対して、20週間にわたるカロリー食事制限もしくは有酸素運動トレーニングによる介入は、運動耐容能を改善するとの無作為化試験の結果が、米国・・・

  • 糖尿病合併心不全患者の予後、DPP-4阻害薬で改善か-nikkei BPnet(H27.11.30)

    糖尿病を合併している心不全急性憎悪患者の退院後の予後は、ジペプチジルペプチダーゼ(DPP)-4阻害薬を服用している患者の方が非服用患者よりも良好で、総死亡と心臓死のリスクは服用群でほぼ半減していたことが示された。米国心臓協会学術集会(AHA2015、11・・・

  • 生きた心臓シートを厚く積層 京大、心不全治療の治験目指す-日本経済新聞(H27.11.30)

    京都大学iPS細胞研究所の山下潤教授らは21日までに、心臓の筋肉の細胞などからなる心臓シートを生きたまま厚く重ねる技術を開発したと発表した。厚いシートは有用物質を分泌したり、心臓の拍動を助けたりする効果が高いとみられる。重症心不全の再生治療向けに3年・・・

  • →もっとニュースを表示する

ページトップへもどる

© 2015 ragpos. All rights reserved.