病名

フィッシャー症候群(ふぃっしゃーしょうこうぐん)

  • 概要

    フィッシャー症候群はギランバレー症候群の亜種と言われており、ギランバレー症候群と同じような症状がでる病気です。ものすごく珍しい病気で、ギランバレーは10万人に1人程度の発症確率といわれていますが、フィッシャー症候群はそのなかのさらに5パーセント程度の発症率になっています(つまり、200万人に1人)。

  • 症状

    フィッシャー症候群の症状は物が2重に見えたり、ふらふらしてまっすぐ歩けなくなるなど、神経に障害をきたすことによって症状が全身的におこります。症状は全てが起こると言うわけではなく、目だけにしか症状が起きない人もいます。

  • 治療方法

    フィッシャー症候群はギランバレー症候群と同じように自分の免疫が自分の神経を攻撃してしまうために症状が起きているのでその原因となる自分の免疫機能を改善する治療が行われます。具体的にはギランバレー症候群と同じようにガンマグロブリン大量療法や血漿交換療法などがおこなわれます。ただ、フィッシャー症候群はギランバレー症候群に比べると症状が軽いことが多く、症状が軽い場合にはなにもしなくても自然によくなることがあります。

  • まとめ

    フィッシャー症候群は特定疾患に指定されていますが、命の危険性がある病気ではなく、ほとんどの人は数ヶ月の治療をすると症状が回復します。また、病気が再発することはほとんどありません。治療をしなくてもよくなる場合もありますが、やはり早期に直すには早期の治療が必要ですので、疑われる症状が出た人は速やかに近くのお医者さんを訪ねてみてください。

  • フィッシャー症候群に関する投稿フォーム

    フィッシャー症候群に関することについて、相談や質問等どんなことでも下記の投稿フォームから投稿することができます。投稿された内容についてはこちらで内容を確認させていただいた後にこちらのページに掲載させていただきます。
    ※投稿された内容が公序良俗に反するとこちらが判断させていただいた場合は掲載は控えさせていただくことがございますので予めご了承ください。



    お名前(ハンドルネーム)
    病名 フィッシャー症候群
    投稿内容

    ニュース

  • 蟲ふるう夜に慎乃介、フィッシャー症候群は順調に回復中-ナタリー(H28.2.22)

    昨年12月にフィッシャー症候群に罹患し、治療を続けていた蟲ふるう夜にの慎乃介(G)の回復の状況がオフィシャルサイトで発表された。 所属事務所は、慎乃介は順調に回復しており、4月1日発売のミニアルバム「スターシーカー」の制作にも参加したと報告。しかし現段階では・・・

  • 蟲ふるう夜に、Gt.慎乃介のフィッシャー症候群の回復を発表-RO69(H27.11.10)

    蟲ふるう夜に、Gt.慎乃介のフィッシャー症候群の回復を発表 蟲ふるう夜にのオフィシャルサイトにて、昨年末フィッシャー症候群に罹患し加療中だったGt.慎乃介の回復の発表にあわせて、メンバー全員のコメントが掲載された。メンバーのコメントはこちら。 慎乃介は、2015年4月1・・・

  • あごの骨髄炎(3)大学病院で病名判明-読売新聞(H27.11.9)

    沖縄のセカンドハウスに滞在していた2006年のことだ。前日はだるく、風邪気味だった。突然、まぶたが開かなくなり、手足もマヒして動けなくなった。救急車で運ばれた。 難病の「フィッシャー症候群」と診断された。再び歩けるようになるまでに、リハビリで1か月かかった。「当時、・・・

ページトップへもどる

© 2015 ragpos. All rights reserved.