病名

結節性紅斑(けっせつせいこうはん)

  • 概要

    結節性紅斑は皮膚にできる盛り上がり(結節)のことで、赤みを伴い円状になっています(紅斑)。触れると痛みがあり、なにもしなくても痛むときもあります。それ自体が単体で現れることもありますが、たいていはその原因になる病気があったり、薬剤の副作用として現れます。症状自体はほっといても3〜6週間で消えますが、再発を繰り返すことが多くなっています。

  • 結節性紅斑に関する投稿フォーム

    結節性紅斑に関することについて、相談や質問等どんなことでも下記の投稿フォームから投稿することができます。投稿された内容についてはこちらで内容を確認させていただいた後にこちらのページに掲載させていただきます。
    ※投稿された内容が公序良俗に反するとこちらが判断させていただいた場合は掲載は控えさせていただくことがございますので予めご了承ください。



    お名前(ハンドルネーム)
    病名 結節性紅斑
    投稿内容

    ニュース

  • 脚のむくみと紅斑について-healthクリック(H28.2.22)

    耳鼻咽喉科では扁桃腺炎と診断され、脱水になっているとのこと。 皮膚科では扁桃腺炎からくる結節性紅斑ということで1週間ほど入院しました。 生検、血液検査をし、抗生物質の点滴で熱も下がり、脚の紅斑も痛みもなくなり、特に説明も受けず退院したのですが、その後仕事に・・・

  • 日本発「食べる順番ダイエット」、米国でも効果示される-kenko 100(H27.11.19)

    野菜(食物繊維)、肉(タンパク質)、ご飯(炭水化物)の順番で食べると、太りにくいとされる「食べる順番ダイエット」。2010年には日本の研究グループが、この方法で糖尿病患者(2型)の食後高血糖を改善すると報告した(「Journal of Rehabilitation and Health Sciences」2010;・・・

  • ベーチェット病の疑い-漢方デスクニュース(H27.11.9)

    喉風邪から結節性紅斑を発症し、プレドニンで治療中です。 igdの数値が少し高く、口内炎ができ、不明熱が一ヶ月以上続いてることから、ベーチェット病の疑いがえり、断定できるほどではないそうです。 もともとメンタルも弱く、不安で自律神経失調症のようなのぼせや発汗もあり、・・・

ページトップへもどる

© 2015 ragpos. All rights reserved.