病名

薬疹(やくしん)

  • 概要

    薬疹とは薬を服用したり注射したりすることで薬に対するアレルギー反応として皮膚に発疹などが現れる症状のことです。

  • 薬疹に関する投稿フォーム

    薬疹に関することについて、相談や質問等どんなことでも下記の投稿フォームから投稿することができます。投稿された内容についてはこちらで内容を確認させていただいた後にこちらのページに掲載させていただきます。
    ※投稿された内容が公序良俗に反するとこちらが判断させていただいた場合は掲載は控えさせていただくことがございますので予めご了承ください。



    お名前(ハンドルネーム)
    病名 薬疹
    投稿内容

    ニュース

  • 風邪薬で死ぬ人も…遺伝する重症薬疹-読売新聞(H28.4.11)

    薬を服用すると、 薬疹 ( やくしん ) とよばれる皮膚のアレルギー症状が出現することがある。重症の場合には、全身が 火傷 ( やけど ) のようになり、致命的となる。また、薬物アレルギーによって肝臓の機能が急激に低下し、 黄疸 ( おうだん ) などの症状が出ることもある。・・・

  • 「薬+日光」が起こす肌トラブル-毎日新聞(H28.2.22)

    薬剤による光線過敏症には、光接触皮膚炎と光線過敏型薬疹の2つのタイプがあります。光接触皮膚炎は塗り薬や貼り薬など、外用薬を使った部分に日光が当たることで炎症を起こすもの。この場合、炎症の範囲は薬を用いた部位に限られます。 一方、光線過敏型薬疹は内服薬・・・

  • 「とびひ」になったら保育園に子供を登園させて大丈夫?-http://mamari.jp (登録)(H28.2.22)

    ... 「とびひ」は、あせもや虫刺されが発端となり、細菌に感染することによって、水ぶくれやかさぶたが「飛び火」のように体中に広がってしまう病気です。汗のかきやすい夏に流行り、乳幼児が多くかかります。人にも移ってしまうので注意が必要です。かかった際、保育園への登園・・・

  • とびひはプールでうつる?原因・症状・治療薬と保育園登園について-http://mamari.jp (登録)(H28.2.22)

    乳幼児がかかりやすいとびひは皮膚の感染症で他の人にうつります。夏場に多く発病しやすく、プールや海、また特に保育園などの集団生活をしていると感染の可能性が高くなります。そこでとびひの原因、症状、治療法、有効な薬、プールや保育園はいつからかについてまとめて・・・

  • 医療・健康Tips 「薬+日光」が起こす肌トラブル-毎日新聞(H27.11.16)

    薬剤による光線過敏症には、光接触皮膚炎と光線過敏型薬疹の2つのタイプがあります。光接触皮膚炎は塗り薬や貼り薬など、外用薬を使った部分に日光が当たることで炎症を起こすもの。この場合、炎症の範囲は薬を用いた部位に限られます。 一方、光線過敏型薬疹は内服薬・・・

  • その発疹、薬が原因の「食物アレルギー」かもしれませんよ-BIGLOBEニュース(H27.11.15)

    そういった人は、食べるものだけではなくて、もしも薬のアレルギーもあるのなら、飲む薬の内容物にも気をつけた方が良さそうです。上に挙げたもの以外にもトウモロコシデンプンを含む薬は数多いですから。 そうそう、やたらいろいろな薬で薬疹が出た、という方も、一度それらの・・・

  • 副作用、早期対応が肝心…市販薬で死亡例-読売新聞(H27.11.9)

    薬疹などはすぐ分かるが、風邪薬で「発熱」を挙げられても、見分けがつきにくい。その場合は、薬を使っても〈1〉症状が改善しない〈2〉かえって重くなる〈3〉別の症状が出る――といった変化に着目し、気付いたらすぐに医師、薬剤師へ相談する。 添付文書は、購入前でも薬局など・・・

  • テラビック錠250mgにより重症薬疹に関する注意喚起-QLifePro医療ニュース(H27.11.9)

    田辺三菱製薬株式会社は、10月19日に同社が販売する「テラビック錠250mg 適正使用に関するお知らせ」を同社HP内にて掲載した。 同社の説明によると、テラビック錠250mgによる重症薬疹に関する注意喚起をしており、使用の際には皮膚科専門医との連携を徹底するよう・・・

  • 薬による発疹―放置すると全身に拡大-kenko 100(H27.11.9)

    薬は副作用を伴うことが多いが、誤解されがちなのが薬疹(やくしん)。そのほとんどはアレルギー反応によるもので、薬を長年使用していて何事も起こらなくても、ある日突然、皮膚に発疹が生じる。それを薬の副作用と気付かない人も多いが、どの薬でも起きる可能性がある。・・・

  • 薬による発疹「薬疹」、結膜や肝臓などに障害も-kenko 100(H27.11.9)

    処方薬でも市販薬でも薬をよく服用する人は、薬疹にご用心。重症化すると、失明や命に関わる危険性も出てくるという。「薬を飲んで皮膚に発疹が出たら、初期に適切な治療を受けて」と、東邦大学医療センター大橋病院(東京都)皮膚科の福田英嗣講師はアドバイスする。・・・

  • →もっとニュースを表示する

ページトップへもどる

© 2015 ragpos. All rights reserved.