病名

糖尿病(とうにょうびょう)

  • 概要

    糖尿病は血液中に含まれる血糖値を抑える機能がうまく働かなくなり、血糖値が上がってしまう病気のことです。大きく分けて1型糖尿病、2型糖尿病、妊娠糖尿病などがあります。現在日本では700万にものぼるほど多数の患者がいると推計されており、日本人が抱える難病の一つです。糖尿病になり、血糖値があがると全身の血管がぼろぼろになり、眼や腎臓、皮膚や末梢神経などに様々な合併症を引き起こします。

  • 症状

    糖尿病の初期症状は、喉が渇き水をよく飲む、トイレによく行くなどがあります。これらの症状は血中の糖が高いことによってそれを薄めるために水が必要になり喉が渇き、その水がうまく体内に吸収されないため尿として排出されるためです。また、症状が進行すると眼がかすむなどの眼の症状、手足のむくみ、手足のしびれ、さらに進行すると失明や腎不全、心不全などさまざまな合併症を引き起こします。

  • 治療方法

    糖尿病の治療はまず食事や運動などを指導することによって生活習慣を改善することから始まります。重要なのは暴飲暴食をさけ、毎日キチンと朝、昼、晩と食事をし、適度に運動をすることです。バランスの良い食事や適度な運動をすることで血中の糖がうまく体に取り込めるようになり、血糖値を上手にコントロールできるように改善できます。それでもうまく改善できない場合や、1型糖尿病の患者さんにはインシュリンをつかった薬による血糖値のコントロールが行われます。薬を使う場合には低血糖を起こす危険が常に付きまとうので、医師の指示のもとの適切な服用が大切になります。

  • まとめ

    糖尿病は身近に耳にする病気なだけに大したことがない病気だと思われがちですが、症状が進行すれば失明や腎不全を引き起こしたり、足が壊死して切断しなくてはならない、といった重い症状を起こすこともある恐ろしい病気です。一方で、糖尿病になってしまっても医師の適切な指導のもとできちんと治療を行えば、以前とかわらない生活を送ることができます。とにかく重要なのは自分で自分を上手に管理することです。医師の指導をキチンと守り、毎日の食事や運動などを自分で管理して続けていくようにかんばりましょう。

  • 糖尿病に関する投稿フォーム

    糖尿病に関することについて、相談や質問等どんなことでも下記の投稿フォームから投稿することができます。投稿された内容についてはこちらで内容を確認させていただいた後にこちらのページに掲載させていただきます。
    ※投稿された内容が公序良俗に反するとこちらが判断させていただいた場合は掲載は控えさせていただくことがございますので予めご了承ください。



    お名前(ハンドルネーム)
    病名 糖尿病
    投稿内容

    ニュース

  • 中国の糖尿病患者、2040年には1億5000万人に―世界保健機関-Record China(H28.4.11)

    中国疾病予防コントロールセンターの梁暁峰(リアン・シアオフォン)副主任は、「こうした要素が糖尿病患者の数を押し上げている」とし、「成人の糖尿病患者は、1979年には1%にも満たなかったが、2002年には2.6%、2010年には9.7%にまで急増した」と指摘。世界保健・・・

  • 入園拒否 阪神・岩田投手「社会の理解不十分」-毎日新聞(H28.4.11)

    1型糖尿病の子供たちが幼稚園などに入園を拒否されている問題で、1型糖尿病を抱えながらプロ野球で活躍する阪神タイガースの岩田稔投手(32)が毎日新聞の取材に答えた。岩田投手は高校時代、1型糖尿病を理由に社会人野球のチーム入りを取り消された経験がある。・・・

  • 8歳で1型糖尿病に=答える人・鈴木亮先生(東京大病院講師)-毎日新聞(H28.4.11)

    この血糖値が下がらなくなる病気が糖尿病です。生活習慣が深く関わるものが「2型糖尿病」と呼ばれる一方、「1型糖尿病」は、生活習慣とは関係なく膵臓の細胞が壊れてインスリンが作れなくなります。患者は糖尿病全体では数%と少なく、年代別で比較的多い子どもでも、日本・・・

  • ブタ細胞、人に移植容認へ 1型糖尿病の患者が対象-朝日新聞(H28.4.11)

    動物の臓器や細胞を人に移植する「異種移植」について、厚生労働省の研究班(班長=俣野哲朗・国立感染症研究所エイズ研究センター長)は、これまで事実上、移植を禁じていた指針を見直す。国内の研究グループは数年後にも、1型糖尿病の患者にブタ細胞の移植を計画。・・・

  • 健康診断「異常なし」なのに糖尿病発覚のナゼ-東洋経済オンライン(H28.4.11)

    ... が行われるため、Aさんは「健診で調べられる」と考えた。健診結果は「異常なし」。ホッと胸をなで下ろしたものの、疲れやすくて調子が悪い状態は続いたまま。長引く不調に不安を感じたAさんは、あらためて医療機関を受診したところ、「生活習慣による2型糖尿病」と診断された。・・・

  • 毎日の「みかん」で糖尿病リスクが減少!血糖値上がりにくく動脈硬化にも効果-Business Journal (風刺記事) (プレスリリース)(H28.4.11)

    世界中で爆発的に増えている糖尿病。2015年の時点で有病者数は4億1500万人に上り、昨年より2830万人も増加した。 わが国でも2012年の時点で「糖尿病が強く疑われる人」が950万人と推計され、前回調査(2007年)を60万人上回った。さらに「糖尿病の可能性を否定・・・

  • 「糖尿病を疑うべき」危険な症状 管理栄養士が解説-livedoor(H28.2.22)

    糖尿病というと、体重増加、肥満のイメージが強いと思いますが、意外なことに、血糖コントロールが良くないと体重が減少することがあります。食べたものをエネルギーとして利用できず、体内に溜まっている脂肪やたんぱく質をエネルギー源として使うため、体重が減ってしまうこと・・・

  • 女性の睡眠障害は2型糖尿病のリスク-MEDLEY(メドレー)(H28.2.22)

    女性の睡眠障害は2型糖尿病のリスクの写真. 写真はイメージです。本文の内容とは関係ありません。 (C) Photographee.eu - Fotolia.com. 睡眠障害があると、糖尿病などの生活習慣病が発症しやすいと言われています。また睡眠障害は男性より女性が多いと言われています。・・・

  • 予防から手術まで 糖尿病での失明防ぐ「3つの武器」とは-日刊ゲンダイ(H28.2.22)

    糖尿病患者の約3分の1が網膜症を抱え、その3分の1は視覚障害を起こしている――。これは日本を含め、世界35カ国の疫学データをメタ解析した末にはじき出された数値だ。これが本当なら約950万人の糖尿病患者がいる日本では、316万人が糖尿病網膜症で、105万人に・・・

  • 心臓リハビリの糖尿病に対する効果は?-MEDLEY(メドレー)(H28.2.22)

    その冠動脈疾患の原因の一部として、糖尿病・高血圧症・脂質異常症(高脂血症)・喫煙・家族の病歴が重視されておりますが、この研究は糖尿病の有無に着目しながらデータを分析しています。 さらに、「心臓リハビリテーション」の効果にも注目しています。運動療法により身体・・・

  • →もっとニュースを表示する

ページトップへもどる

© 2015 ragpos. All rights reserved.