病名

過敏性腸症候群(かびんせいちょうしょうこうぐん)

  • 概要

    過敏性腸症候群は下痢や腹痛などを頻繁に繰り返す症状のことです。大腸は神経とつながりがあり、緊張したりストレスがたまったりすると下痢になることがあります。この症状が頻繁に出て、しかも調べてみても特に異常が見つからない場合に過敏性腸症候群と診断されます。

  • 症状

    過敏性腸症候群の症状は神経が緊張することによって大腸の働きに異常を生じさせるので、大腸を由来にした症状がでます。具体的には悪心、膨満感、腹痛、下痢、便秘などです。特に、トイレにいけない時に「今トイレ行きたくなったらどうしよう」と思うことで神経が緊張して、下痢や腹痛などを引き起こす場合が多いようです。

  • 治療方法

    過敏性腸症候群の原因は精神的なものが大きな部分をしめるので、なるべくストレスを感じないように力を抜いて生活することが重要になります。具体的には十分な睡眠を毎日とって、適度に運動するなど体の調子を整えること。さらに、毎日の排便を規則的にすることで、腸の調子を整えることも重要です。

  • まとめ

    過敏性腸症候群は規則正しくリラックスして毎日の生活を送ることで症状をよくすることができます。この病気自体は特に心配するような病気ではないのですが、同じような症状が出る病名として潰瘍性大腸炎や大腸癌があります。それなので、自分は過敏性腸症候群だと思い込まないで一度は診察を受けられることをお勧めします。

  • 過敏性腸症候群に関する投稿フォーム

    過敏性腸症候群に関することについて、相談や質問等どんなことでも下記の投稿フォームから投稿することができます。投稿された内容についてはこちらで内容を確認させていただいた後にこちらのページに掲載させていただきます。
    ※投稿された内容が公序良俗に反するとこちらが判断させていただいた場合は掲載は控えさせていただくことがございますので予めご了承ください。



    お名前(ハンドルネーム)
    病名 過敏性腸症候群
    投稿内容

    ニュース

  • 小麦粉による体の不調、理由は単純ではない-東洋経済オンライン(H28.4.11)

    セリアック病から、小麦アレルギーや、非セリアック性小麦過敏症、そして果糖吸収不全症や過敏性腸症候群に至るまであらゆることを検証しているのである。 この研究は、コーネル大学が行っているほかの研究とも連携。共同研究機関は、小麦の在来種を調査するため2011年に・・・

  • 突然の腹痛・下痢の原因はグルテンかもしれない!? やはり危険だったパン・小麦粉-TOCANA (風刺記事) (プレスリリース)(H28.4.11)

    グルテン過敏症とされた人々には共通点があった。ほとんどが30〜40代の女性で、下痢や腹痛を中心とする「過敏性腸症候群(IBS)」のような症状を訴えており、その半数がセリアック病の原因となる遺伝子を持っていたのだ。またドイツでの研究で、IBSの患者はグルテンフリーの・・・

  • 過敏性腸症候群に新たな光が(解説:内藤 正規 氏)−493-CareNet.com (登録)(H28.4.11)

    下痢型過敏性腸症候群、新規オピオイド受容体作動薬が有効/NEJM(2016/02/01掲載). 過敏性腸症候群は、日本人の約10〜15%に認められる頻度の高い疾患であり、消化器症状により受診する人の約3割を占めるといわれている。内視鏡検査や血液検査で明らかな異常が・・・

  • 通勤の最中に耐え難い腹痛 多くの人が悩む「過敏性腸症候群」-livedoor(H28.4.11)

    腹痛自体、食中毒などの急性の感染症をはじめ、様々な病気で起こる症状です。でも、悪いものを食べた心当たりがないのに、急な腹痛に苦しむ機会が多いなら、過敏性腸症候群かもしれません。一度、消化器専門のお医者さんに相談してみたほうがいいでしょう。 過敏性腸・・・

  • ストレス男子に急増「過敏性腸症候群」を自分で対処する方法-ガジェット通信(H28.4.11)

    ストレスを抱えた男性諸君は“過敏性腸症候群”に悩む方も多いのでは? もちろん女性でも過敏性腸症候群になる方はいますが、女性は便秘がちになることが多いのに比べ、男性は下痢の症状が多いのが特徴。便秘と下痢を繰り返す場合もあります。大事なプレゼンなのに下痢・・・

  • アステラス 便秘型過敏性腸症候群治療薬 16年の国内申請目指す-ミクスOnline(H28.2.22)

    アステラス製薬は12月1日、便秘型過敏性腸症候群(IBS-C)治療薬リナクロチド(一般名)について2016年の国内承認申請目指すと明らかにした。 同社の発表によると、国内フェーズ3では、投与12週間におけるIBS症状の全般改善効果とCSBM(残便感の無い自発的な排便)の・・・

  • 膨満感や繰り返す便秘と下痢…過敏性腸症候群を治すには?-日刊アメーバニュース(H28.2.22)

    『3年ほど前から腸の調子がよくなく、胃腸科に検査に行きました。エコー検査や弁検査などを行いましたが特に異常は見られず、どうやら腸そのものの病気ではなく、腸の動きの問題だろうといわれ、「過敏性腸症候群」と診断されました。主な症状は、腸にガスがたまり、膨満感が・・・

  • 過敏性腸症候群には短鎖炭水化物の少ない食事じゃなくてもいい-MEDLEY(メドレー)(H28.2.22)

    短鎖炭水化物を少なくする食事は、過敏性腸症候群の治療に役立つかもしれないとして提唱されています。 今回の研究では、過敏性腸症候群の75人を対象に、短鎖炭水化物をあまり含まない食事と従来過敏性腸症候群で推奨されてきた食事(食事量、脂肪や不溶性線維などを・・・

  • 通勤中のおなかゴロゴロはストレス性疾患-毎日新聞(H28.2.22)

    満員の通勤電車の中で急におなかがゴロゴロしてきて、最初に停車した駅でトイレに駆け込む……。こんな経験を何度もしている人は、ストレスで脳がダメージを受けているのかもしれません。今回から2回にわたり、ストレスによって腸の調子が悪くなる「過敏性腸症候群(IBS)」を・・・

  • 下痢型過敏性腸症候群、新規オピオイド受容体作動薬が有効/NEJM-CareNet.com (登録)(H28.2.22)

    下痢型過敏性腸症候群(IBS)に対し、新規経口薬eluxadolineは男女を問わず下痢症状を軽減し新たな治療薬となりうることが、Anthony J. Lembo氏らによる2件の第III相試験(多施設共同無作為化二重盲検プラセボ対照並行群間比較試験)の結果、示された。100mgの1日2・・・

  • →もっとニュースを表示する

ページトップへもどる

© 2015 ragpos. All rights reserved.