病名

大腸癌(だいちょうがん)

  • 概要

    大腸癌は大腸に発生する癌のことで、日本では肺癌、胃癌、についで3番目に多い癌になります。大腸内部の壁を作っている遺伝子に異常が出ることによって発生されると考えられており、主に大腸ポリープなどの良性の腫瘍からゆっくりと時間をかけて大腸癌へと変化していくことが多いようです。大腸癌は喫煙や牛や豚などの肉食、野菜や食物繊維を摂取が不足することで、大腸癌になる危険性高まるが知られています。特に肉食との関係性は高く、食生活が肉中心になってきたことで日本での大腸癌になる確率は増加し続けていて、近い将来には日本人の最もかかりやすい癌は大腸癌になると予測されています。発症する年齢は50歳ごろから増え始め、年をとるにつれて確率が上がっていきます。遺伝的に大腸癌になりやすい家系というのがあり、若くして大腸癌になる場合もあります。そういった家系の人は頻繁に大腸の内視鏡検査を受ける必要があります。遺伝的に大腸癌になりやすい家系以外では40歳以下で大腸癌になることはほとんどありません。

  • 症状

    大腸癌の症状は下痢、便秘、腹痛、悪心、腹部膨満感、下血、血便など、大腸に癌ができることによって生じるものが主な症状です。これらの症状はほかの大腸疾患と同じような症状なので、きちんとした検診を受けて区別をつけることが重要になります。特に、痔のあるひとは下血などの症状が起きても痔からの出血だろうと自分勝手に思い込み、病院を受診せず病状が悪化することがよくあるようです。50歳を越えた方は下血や血便などの症状が起きたら痔だと思い込まず、必ず近くの病院などで診療を受けるようにしましょう。

  • 治療方法

    大腸癌は癌の進行度によって治療の仕方が変わってきます。早期に発見できた場合には内視鏡を使って癌を切除することができます。癌が進行していた場合には開腹手術によって大腸を切除します。肛門付近に癌があった場合には肛門を切除し、人工肛門をつける手術も行われます。病気の進行具合や患者さんの状態によって手術ができないこともありますが、そういった場合では放射線療法や抗癌剤による治療がおこなわれます。

  • まとめ

    大腸癌は早期に発見できればほぼ100パーセント治癒が期待できる疾患です。近年では腹腔鏡を使った手術も広まっていて、患者さんのQOL(生活の質)をできるだけ高める努力がなされています。ただ、病気が進行していた場合やほかの臓器に転移していた場合での治療は難しく、放射線治療や抗癌剤による治療も根本的な治療には程遠いのが現状です。大腸癌は初期の癌であれば完治できるものなので、50歳を過ぎたら便潜血検査や大腸内視鏡検査を積極的に受けることが重要です。

  • 大腸癌に関する投稿フォーム

    大腸癌に関することについて、相談や質問等どんなことでも下記の投稿フォームから投稿することができます。投稿された内容についてはこちらで内容を確認させていただいた後にこちらのページに掲載させていただきます。
    ※投稿された内容が公序良俗に反するとこちらが判断させていただいた場合は掲載は控えさせていただくことがございますので予めご了承ください。



    お名前(ハンドルネーム)
    病名 大腸癌
    投稿内容

    ニュース

  • 大腸がんが脳に転移する頻度は?-MEDLEY(メドレー)(H28.4.11)

    デンマークの研究班が、大腸がんの脳転移の頻度について、これまでにどんな研究が行われているかを調べました。 見つかった59件の研究の内容を詳しく調べたところ、どんな調査範囲のうちで脳転移が集計されたかが明示されているなど、採用に適していると判断される研究16・・・

  • 大腸がんの検診で陽性だった方へ、精密検査の方法を解説-MEDLEY(メドレー)(H28.4.11)

    大腸がんの検診で陽性反応が見られると、「大腸がんなのではないか」「精密検査はどんなものを受けるんだろう」と不安になる方が多いです。検診で陽性であったからと言って、必ず「大腸がんである」というわけではなく、異常がないかを精密検査で確認していくことになります。・・・

  • トイレット紙に「大腸がんクイズ」を印刷 ウンウン解きながら啓発と検査の一石二鳥-J-CASTニュース(H28.4.11)

    本を読んだり、スマートフォンを見たり、トイレで座っている時間は手持ち無沙汰だ。この時間を大腸がん検査受診の呼びかけに有効活用しようと、NPO法人「ブレイブサークル運営委員会」が、大腸がんクイズを印刷した「大腸がん撲滅トイレットペーパー」を考案し、2016年4月8日・・・

  • ポリープ抑制効果も 「糖尿病薬」が大腸がん予防を変える-日刊ゲンダイ(H28.4.11)

    ヨーロッパでは糖尿病治療の第1選択薬で、日本でも広く使用されている。このメトホルミンを用いている糖尿病患者は、大腸がん、膵がん、前立腺がん、乳がん、卵巣がんなどが少ないという指摘はかなり前からあり、解明する研究も実施されている。その中で、日暮助教らは大腸・・・

  • 血便、便秘、下痢。大腸がんの初期症状で見られるの?-MEDLEY(メドレー)(H28.4.11)

    大腸がんは男性・女性ともに、がんの死亡数で上位に入る病気で、できるだけ早期に発見されることが大事になります。しかし、その初期症状については意外と知られていません。そもそも大腸がんに初期症状はあるのでしょうか?・・・

  • 大腸がんの「ステージ」ってなんのこと?-MEDLEY(メドレー)(H28.4.11)

    大腸がん検診・精密検査を経て、大腸がんの診断がつくと、治療を行うことになります。その治療は、大腸がんの進行度や年齢など様々な要因によって選択されるものが変わります。この大腸がんの進行度こそがステージなのです。 ステージは、がんが大腸の壁にどこまで深く・・・

  • 【大腸がんの治療法】手術、抗がん剤、内視鏡などの概略について解説-MEDLEY(メドレー)(H28.4.11)

    大腸癌治療ガイドライン2014年版(大腸癌研究会、金原出版株式会社)では、標準治療と呼ばれる科学的に根拠があり、効果が高いものを専門家が抽出し、様々な要因を考慮して決めているものです。その標準治療はステージによって異なります(ステージについてのおさらいは「・・・

  • 前治療が効かない大腸癌肝転移患者のための選択内部放射線療法への医療保険適用を承認-沖縄タイムス(H28.4.11)

    Sirtex(ASX:SRX)は、オランダ・ヘルスケア研究所のZorginstituut Nederland (ZIN)が、前治療が効かない、または前化学療法不耐の大腸癌肝転移患者のための選択内部放射線療法(SIRT)への医療保険適用を承認しました。ZINは、これらの患者群を治療するため・・・

  • 大腸がん 予防効果期待の食材としてさば、緑黄色野菜が注目-NEWSポストセブン(H28.2.22)

    女性のがんのなかで最も死亡率が高いと言われるのが大腸がんだ。40才以上の大腸がん検診率が30%以下だということも、死亡率を引き上げる原因となっているという。大腸がんの検診には内視鏡検査がおすすめだという。というのも、検査中にがんが発見された場合、早期で・・・

  • 大腸がんを発見する便潜血検査はどれぐらい頼れるのか?-MEDLEY(メドレー)(H28.2.22)

    免疫学的検査を定期的に受けることで、大腸がんはかなりの割合を見逃さず発見できます。見逃さないことに重点のある検査なので、陽性の結果が出ても大腸がんではないことのほうが多くなっています。検査を受けるときにこうした数字を理解しておくことで、結果に応じた相談が・・・

  • →もっとニュースを表示する

ページトップへもどる

© 2015 ragpos. All rights reserved.