病名

ベーチェット病(べーちぇっとびょう)

  • 概要

    ベーチェット病はトルコのベーチェット教授が発見した病気で特定疾患の公費対象になっています。根本的な原因は不明ですが、自分の体を守るはずの免疫機能がなんらかの異常をおこし自分自身を攻撃してしまうために症状が起こると考えられています。日本では約2万人の患者がいますが、発症する数は減少する傾向にあるようです。以前は女性に多い病気と思われていましたが、現在では男女の違いによる発症の差はないとされています。

  • 症状

    ベーチェット病はいくつかの症状を発症する病気です。主な症状としては口の中におこるアフタ性口内炎。眼のぶどう膜炎。さらには皮膚におこる結節性紅斑です。また皮膚症状としては注射した後におこる針反応もベーチェット病に特徴的な反応であるといえます。こういったいろいろな症状が出るのがベーチェット病です。そのため全身状態を総合的に判断しなければベーチェット病とわからないため、個別の診療科ではベーチェット病と診断するのが難しい場合があります。こういった症状が2つ以上出た場合には自分でベーチェット病を疑って、医師に「ベーチェット病ではないですか?」と聞いてみたほうがいいかもしれません。

  • 治療方法

    ベーチェット病の具体的な原因はわかっていないため、病気を完治に導く薬は開発されていません。そのためベーチェット病は個々の症状を改善させる薬を服用することになります。最も重点をおいて治療されるのが眼に現れるぶどう膜炎に対してです。ぶどう膜炎は進行すると失明する可能性がある怖い病気なのでこの症状にたいする薬を内服するのが主だった治療になります。

  • まとめ

    ベーチェット病は慢性的に状態の改善と増悪をくりかえす病気ですが、眼や神経、腸などに症状があらわれることがなければ一般的に予後は良く、普通の人とかわらない生活ができるとされています。一方で、眼や神経、腸に症状があらわれる場合は失明の危険や腸に穴があいてしまうなどの危険性があり、一般的に予後も悪いとされています。ただ、2000人を対象にしたある追跡調査によればベーチェット病による死亡者は約20人ほどにすぎなかったとの調査報告があり、病気自体が死亡に結びつく可能性はほとんどないといってよいと思われます。

  • ベーチェット病に関する投稿フォーム

    ベーチェット病に関することについて、相談や質問等どんなことでも下記の投稿フォームから投稿することができます。投稿された内容についてはこちらで内容を確認させていただいた後にこちらのページに掲載させていただきます。
    ※投稿された内容が公序良俗に反するとこちらが判断させていただいた場合は掲載は控えさせていただくことがございますので予めご了承ください。



    お名前(ハンドルネーム)
    病名 ベーチェット病
    投稿内容

    ニュース

  • 医療相談室 ベーチェット病 失明が不安-読売新聞(H28.4.11)

    口内炎が繰り返しでき、痛さで食事をとれず、水だけで過ごす日が続きました。目も見えづらくなり、「ベーチェット病」と診断されました。失明もありうると告げられ、この先不安です。進行するとどうなるのでしょうか。(45歳女性)・・・

  • 乾癬の薬がベーチェット病を改善-MEDLEY(メドレー) (登録)(H28.2.22)

    ベーチェット病の主要症状のひとつに「口腔内潰瘍(口内炎)」があります。ベーチェット病の治療にはコルヒチンなどの炎症を抑える薬が使用されますが、薬剤が効きにくいこともあります。そのような場合に利用できる治療法として新たに検討されたのが「アプレミラスト」です。実際の・・・

  • EXILE・松本利夫が原因不明の難病との戦いを告白「高熱で月の15日くらい寝込んでいた」-イータレントバンク (プレスリリース)(H28.2.22)

    EXILEのオリジナルメンバーである松本は、グループのブレイク期に国の難病指定にも認定されているベーチェット病を発症した。 スタジオで、松本はこの病気について「今も持ってるんですけど、免疫力が何らかの原因で自分を攻撃してくる」と説明し、「30歳の時にガンっと来て、・・・

  • 本気になれないなら辞めて 松本利夫らがEXILE存続危機を語る-livedoor(H28.1.19)

    同時期に持病のベーチェット病の悪化で左目が失明状態になった松本は、活動継続を危ぶまれる中、ATSUSHIから「もしも本気になれないなら、辞めてください」という愛があるが故の厳しいメールをもらったことを告白。「1カ月間悩み抜いて、自分にはダンスしかないことに気づい・・・

  • ベーチェット病-漢方デスクニュース(H28.1.19)

    何年か前にベーチェット病という病気と診断され、特に口内炎や、足の結節性紅斑、関節炎、急な発熱、湿疹などに悩まされています。 西洋医学では、完治の薬もなく炎症を抑える薬を飲み続ける状態です。 このような場合、なにか合いそうな漢方薬はありますか?少しでも症状が・・・

  • アダリムマブが「腸管型ベーチェット病」にも-nikkei BPnet(H27.11.23)

    2013年5月24日、生物学的製剤のアダリムマブ(商品名ヒュミラ皮下注40mgシリンジ0.8mL)に腸管型ベーチェット病(腸管型BD)の適応が追加された。BDに対する用法・用量は「初回160mg、初回投与2週間後に80mgを皮下注射。初回投与4週間後以降は40mgを2週に1回・・・

  • アッヴィ 生物製剤ヒュミラ 「非感染性ぶどう膜炎」の適応追加申請-ミクスOnline(H27.11.23)

    非感染性は、ベーチェット病、強直性脊椎炎など原疾患が特定できるものと、そうでない特発性のものに分類される。その中で主要な炎症部位が中間部、後部及び汎ぶどう膜炎は、医学的にも社会的にも重大な疾患とされ、未治療のまま放置すると失明のおそれもある。申請は・・・

  • アッヴィ 生物製剤ヒュミラ 「非感染性ぶどう膜炎」の適応追加申請-ミクスOnline(H27.11.15)

    非感染性は、ベーチェット病、強直性脊椎炎など原疾患が特定できるものと、そうでない特発性のものに分類される。その中で主要な炎症部位が中間部、後部及び汎ぶどう膜炎は、医学的にも社会的にも重大な疾患とされ、未治療のまま放置すると失明のおそれもある。申請は・・・

  • レミケードの腸管・神経・血管型ベーチェット病に対する適応追加を申請−田辺三菱-QLifePro医療ニュース(H27.11.9)

    田辺三菱製薬株式会社は10月30日、同社の取り扱う抗ヒトTNFαモノクローナル抗体製剤「レミケード(R)点滴静注用100(一般名:インフリキシマブ)」について、腸管型ベーチェット病、神経型ベーチェット病および血管型ベーチェット病の効能・効果の追加に係る製造販売承認事項・・・

  • 横浜市立大 ベーチェット病の発症に細菌成分が関与していることを発見-QLifePro医療ニュース(H27.11.9)

    横浜市立大学医学群 病態免疫制御内科学教室の石ヶ坪良明教授らの研究グループは4月30日、ベーチェット病の発症に細菌成分が関与していることを新たに発見し、遺伝学的に証明したと発表した。この研究成果は、米国アカデミー紀要「Proceedings of the National・・・

  • →もっとニュースを表示する

ページトップへもどる

© 2015 ragpos. All rights reserved.