病名

基底細胞癌(きていさいぼうがん)

  • 概要

    基底細胞癌は皮膚癌の一種で、基底細胞と呼ばれる皮膚細胞の最下層で発生する癌のことです。発生する場所は皮膚であればどこでも発生しますが、日光にさらされやすい頭や顔、首のあたりに良く発生します。発症する年齢は基本的に長く日光にさらされた高齢の人が多くなります。基底細胞癌の外観はさまざまで、こぶのように盛り上がったり、中央部がただれて潰瘍のようになったものなどがあります。素人には判断が難しい場合もありますが、専門医がみれば一発でわかるものなので、皮膚のできものがなかなか治らない場合は迷わず専門医を受診することをお勧めします。基底細胞癌は皮膚が紫外線にさらされることで発症する確率が上がる癌です。特に色白の人は可能性が高くなりますので、日当たりの強い日に外出する際には日焼け止めクリームを塗ったり、帽子をかぶったりするなどの予防策が重要になります。

  • 症状

    基底細胞癌は基本的に癌ができた部位だけの症状です。癌ができた部位の皮膚が痒くなったり、潰瘍のようにただれたり、出血をしたりします。

  • 治療方法

    基底細胞癌の治療は癌を外科的に手術して切除することが基本です。手術では癌から5ミリ程度離れた部位まで広く切除します。手術が不能な場合には放射線療法や化学療法が選択されますが、そういった例は極めてまれです。

  • まとめ

    基底細胞癌は皮膚癌の中では最も予後の良い癌であり、ほかの臓器へ転移することはまれです。そのため治癒率も95パーセントと高く、ほとんどの人が癌を切除するだけで治ります。ただ、基底細胞癌を発症した人は再発する確率が普通の人よりも高いことが知られており、定期的な皮膚科の受診が必要です。

  • 基底細胞癌に関する投稿フォーム

    基底細胞癌に関することについて、相談や質問等どんなことでも下記の投稿フォームから投稿することができます。投稿された内容についてはこちらで内容を確認させていただいた後にこちらのページに掲載させていただきます。
    ※投稿された内容が公序良俗に反するとこちらが判断させていただいた場合は掲載は控えさせていただくことがございますので予めご了承ください。



    お名前(ハンドルネーム)
    病名 基底細胞癌
    投稿内容

    ニュース

  • EDの薬を使った人に皮膚がんが多かった?悪性黒色腫、基底細胞がんとPDE5阻害薬との関連-MEDLEY(メドレー)(H28.4.11)

    この関係をよりはっきりと確かめるために、スウェーデンの4,000人を超える悪性黒色腫の患者の情報をもとにした研究が行われました。その結果、PDE5阻害薬を処方されていた人では、悪性黒色腫のほか、基底細胞がんという種類の皮膚がんも多くなっていました。・・・

  • 「日焼けサロンは危険だ!」 米国で「利用規制」強まる-エイジングスタイル(H28.4.11)

    ... んリスクを上昇させるとしたエビデンス(研究に基づく科学的な証拠)が存在している。2013年にカリフォルニア大学の研究チームは、欧米の6か国、約8万人のデータを分析し、日焼けマシンを使って肌を焼いている人は、焼かなかった人に比べ、最も一般的な皮膚がん「基底細胞・・・

  • 皮膚がん=10年で死者1・5倍に=定期検査と日焼け止めを推奨-ニッケイ新聞(H28.1.19)

    皮膚がんは大きく分けて2種類ある。より強力で致死性が高い悪性黒色腫(メラノーマ)は、初期段階は黒い染みとして現れる。それ以外は基底細胞がんか扁平上皮がんで、治癒しない病変として現れる。メラノーマは皮膚ガン全体の5%に過ぎないが、転移しやすく、皮膚ガンによる・・・

  • 冬の乾燥肌を加速させてしまうNG習慣 「身体の洗いすぎや高温の風呂」-livedoor(H27.11.30)

    徐々に寒さが厳しくなってくるこれからの季節。乾燥対策をはじめた方も多いのではないでしょうか? 乾燥対策といえば、保湿クリームなど外側からのケアが主ですが、生活習慣を改善することでケアできることもあるんですよ。 そこで今回は、冬の肌乾燥を防ぐべく、ついついやっ・・・

  • メラニンを表に出さない敏感肌の美白成分とは?-GIRL'STALK(H27.11.30)

    基底層でできた表皮細胞は、約28日間をかけて肌の表面に出てきます(ターンオーバー)。メラニンを作るメラノサイトも基底層にあり、紫外線などのダメージを受けることで黒色メラニンを作りだし、この黒色メラニンを含んだ細胞が表皮細胞に受け渡され、表皮まで上がっていく・・・

  • 葉酸を摂りすぎると皮膚がんに!?-MEDLEY(メドレー)(H27.11.23)

    食事の葉酸摂取量は、皮膚がん全体(3分位の最も少ない摂取量と比べて最も多い摂取量では、ハザード比1.79、95%信頼区間1.07-2.99、pトレンド=0.03)、悪性黒色腫ではない皮膚がん(ハザード比1.85、95%信頼区間1.06-3.23、pトレンド=0.03)、基底細胞がん(ハザード・・・

  • 1日ビール1本で皮膚がんが増加?-MEDLEY(メドレー)(H27.11.19)

    アルコール摂取量の増加は、女性と男性でともに基底細胞がんのリスク増加と関連した(ともにPtrend・・・

  • ヒュー・ジャックマン、1年半で4度目の皮膚癌発症-ウオーカープラス(H27.11.15)

    昨年10月に、3度目の皮膚癌治療を受けていたことを明らかにしたヒュー・ジャックマンが、すでに4度目の皮膚癌を発症していたことがわかった。ヒューは2013年11月と2014年5月に鼻の基底細胞癌(主に顔面の皮膚の表皮に見られる悪性腫瘍)の治療を受けており、10月には3・・・

  • 粉瘤の中に皮膚がんができていた!病理診断で基底細胞がんを発見-MEDLEY(メドレー)(H27.11.10)

    (C) Convit - Fotolia.com. 粉瘤(アテローム、上皮のう腫)は皮膚のさまざまな部分にでき、多くは症状を起こすことも、急に大きくなることもありません。しかしごくまれな例として、粉瘤の中から皮膚がんの一種の基底細胞がんができた人が、イギリスの研究班から報告されました。・・・

  • EDの薬を使った人に皮膚がんが多かった?悪性黒色腫、基底細胞がんとPDE5阻害薬との関連-MEDLEY(メドレー)(H27.11.10)

    この関係をよりはっきりと確かめるために、スウェーデンの4,000人を超える悪性黒色腫の患者の情報をもとにした研究が行われました。その結果、PDE5阻害薬を処方されていた人では、悪性黒色腫のほか、基底細胞がんという種類の皮膚がんも多くなっていました。・・・

  • →もっとニュースを表示する

ページトップへもどる

© 2015 ragpos. All rights reserved.