医療用語

抗癌剤(こうがんざい)

  • 概要

    抗癌剤はその名のとおり、癌に対抗するための薬です。癌をできるだけ縮小するという目的で作られてはいますが、完全に癌を無くすことが可能な抗癌剤というのは少なく、たいていは癌の成長速度を遅くさせる作用にしかなりません。また、個人によって効き方に違いがあり、癌に対する万能薬というには程遠いのが現状です。さらに、抗癌剤は基本的に細胞を殺してしまう毒であり、癌だけではなく正常な細胞も攻撃してしまうため、多くの抗癌剤では様々な副作用がでます。中には命を落としてしまうような重篤なその副作用もあるので、抗癌剤の投与は経験のある医師が慎重に行う必要があります。

ページトップへもどる

© 2015 ragpos. All rights reserved.